マッサージ師に注文をつけていってもいいもの?

マッサージ師に注文をつけていってもいいもの?

マッサージを受けた経験があまりない人にしてみれば、「マッサージってあれこれ注文つけてはダメなもの」だと思っている人もいるでしょう。しかし実際にはそんなことはありませんからね。

 

「マッサージ師さんは職人だから、素人があれこれと口を出すのは間違いだ」と思い込んでいる人もいるようですが、そんなことはありませんから。というか、マッサージ師さんはお客さんを相手にする接客業なわけですから、どんどんと注文を出していっていいのですよ。

 

というか、一通りのマッサージが終わった後には、マッサージ師さんから「どこか他に気になるところはありますか?」と、たずねてきてくれたりもしますからね。逆に言えば、お客さんの様子について気にかけることもなく、パパッと揉んで終わりだというマッサージ師さんのところになんて、マッサージしてもらいに行きたいと思いますか?そうではないでしょう。

 

ですからこそ、マッサージ中にでも「ここをもっとこうしてください」ですとか、「肩がはっているので肩を中心にもんでください」といったように注文をつけた方がいいのです。コツとしては、マッサージが全て終わった後ではなく、マッサージ中に言ってもいいでしょうか。その方がスムーズに要望を聞いてくれる可能性が高いものですから。

 

 

トップに戻る